ホ・ホ・ホ~タル、来い!

ホタルの季節が近づいています。
先日の暖かい日、3・4匹だけ、ある一箇所の田んぼで見かけました。

でも本格的な時期はまだちょっと先。
この梅雨の狭間のお楽しみ。

私たちは長野に住むまでホタルをちゃんと見たことがありませんでした。
そして、ホタルがカワニナという貝を主食にしていることも。

カワニナは田んぼによく見かけるタニシと違って
小さめで三角すいのような形です。

カワニナが育たないとホタルは現れてくれません。

今は、外来種がカワニナを食べてしまうことと
空気や水が汚染されていることで
どんどんホタルが見れない時代になっています。

子供たちが大人になったころにはもうホタルを見た事ない、なんて人も
多くなっているのでは?

「子供の頃、夏にホタル見たよなあ、キレイだったよなあ。」っと
想い出してもらえたら、いいなあ。

ホタルは辰野が有名どころですが
我が佐久市も探せばまだまだ見られます。

梅雨の切れ目の晴れた日の夜
家族でホタル探しに出かけてみてはどうでしょう?

ホタルは人を怖がらないので手のひらにも止まったりして
結構、サービス精神?があります。

幻想的な光を放つホタルを「わあああああ!」っと見つめる
子供の目もキラっキラのクルっクルです。

都会の方なら、「ホタルを見に行こう!」ツアーのような企画が
民宿やペンションなどでやっているところもあるので
ぜひ検索して参加してみて下さい。

[PR]
by soronoki | 2009-06-25 07:40 | * 季節の便り

長野県佐久市


by soronoki