1日1リンゴの話

リンゴが赤くなると医者が青くなる。って
あれ?トマトもそうじゃなかったっけ?^^

でも冬はなんと言っても「リンゴ」に限りますね。

1日にひとり1個のりんごを食べるのは結構ムズカシイのでは?
すりおろしリンゴにしたりする人もいますね。
離乳食にもいいですね。

ただすりおろす時、金属のおろし器を使うと
りんごの有効成分が変質してしまうので

プラが陶器のおろし器を使わなくてはなりません。

+++

りんごにはポリフェノールやペクチン、セルロース、カリウムが
含まれています。

食物繊維が便秘にも効きますよね。
カリウムが高血圧にもいいそうです。

+++

我が家では1日ひとり1リンゴを実践しています。
生だとなかなか食べない夫も

「これなら食べられる」というのが「りんごのコンポート」

いろんなレシピがあると思いますが

うちでは 有機白ワイン(酸化防止剤無添加)(ツルヤで1000円以内)と
てんさい糖で作ります。

+++

まず、水を張ったボウルに塩を入れて
次々にリンゴを剥いて放り込みます。

(皮を剥いて4分の1にカットします。
(小さいお子さんなら更に小さくしても)

そのあとお鍋にりんごを入れてお砂糖を大さじ2~
(お好みの量)かけまわします。
フタをしてまだ火にかけず放置しておくと水があがります。

ある程度上がってきたら
強火にかけます。(フタを外します)

沸騰したら白ワインを注ぎます。(赤ワインでも)
かけまわす程度。(100~200ccくらいかな)

あとは中火で煮込みます。(落とし蓋をして)
(普通にお鍋のフタをすると吹き零れたりします)

お鍋の種類やりんごの大きさにもよるので

時間は適当。様子を見てりんごが透き通ったらすぐ
火を止めます。(ムラが気になったら途中でリンゴたちを裏返します)

冷めるまで放置。
(アツアツも美味しいですが
あったかいリンゴは苦手と言う方は冷まして)

これをうちでは、そのまんま食べますが
ヨーグルトをかけてもイケます。

ワインのアルコールは飛ばしてあるので
子供でも食べられます。

残った煮汁はホットドリンクにしても美味しく飲めます。
そこにりんごジャムを一緒に入れればリンゴ三昧!

+++++++

このレシピはリンゴまるっと2個~4個分です。
ボケたリンゴも生まれ変わります。


できるだけ「ちゃんとしたお砂糖」(笑)で作ってくださいね。

息子は、このコンポートのことを「煮りんご」と呼びます。
毎朝、毎晩、食後にもりもり食べます。

離乳食には、わざわざすらなくても
このコンポートををあげるとラクです。

(この場合は念のためにワインを減らすか使わずに作ります)


便秘は不調の元、みなさんもリンゴのパワーをもらってくださいな。
地産地消にも繋がるかもしれませんね。^^

[PR]
by soronoki | 2009-12-04 10:01 | * おすすめレシピ

長野県佐久市


by soronoki