数あれど。

いろんな業種、いろんな形態、いろんな販売法の
お店が数ある中・・・。

++++++

新月に開店するshop、それも雑貨屋さんが
ありました。

その方のお店も「木」の名前でした。
その「木」は常緑樹。1年中、青々とした「木」のよう。

「満月」と「新月」
「落葉樹」と「常緑樹」

相反する選び方が、逆に興味深く感じました。^―^

そのお店を知ったのはちょっと前でした。が!

ここ2日前に驚くことがありました。


保育園のお迎えのとき、同じクラスのお母さんに
「満月の日にお店を開けているの?」っと聞かれました。

彼女は私の幼なじみにとても雰囲気が似ていて
気さくな方なので、入園した時にとても話しやすかった。

そのお母さん。
なんと!!!!!!!!!!!

「私も満月の日に納豆とお豆腐を売っているのよ」と!

(@▽@ノ)ノ  なんですとーーーーーー!
それはビツクリなんてもんじゃーありません。

世の中いろんなお店があるけれど
同じクラスに「満月」に販売している方が!!!

うれしびっくり。鳥肌立ちました。

なんでもお兄さんが作られた大豆で作ったモノだそう。
なんて素敵なんでしょーう!

買います!買います!食べさせてください♪っとお願いしたので
明日、いただけることになっています。わーい!

その報告はまた、こちらで。^―^

[PR]
by soronoki | 2010-03-10 07:54 | * とあるお話

長野県佐久市


by soronoki