卒園ブルー

去年、娘ちゃんの卒園を迎える3月
とある友達がとってもブルーだった時期があった。

子供の成長はうれしいけど、卒園は寂しい、と。

矛盾しているようで、なんとも言えない母心。(親心?)
今、まさに自分が実感中。

先週、いつものように入ってくる保育園からのお便り。
そこには「卒園の案内」が書き記されていた。

その用紙を見て以来「ついに。」っという気持ちで
胸の奥の奥の奥深くが「キュィン」となる。

+++++++++

真夜中、布団がズレたことで目が覚める。
手探りで毛布を探していると、なにやらゴツイ足。デカイおしり。

だれやねーーーーーーーーん!

あ・・・・。

一瞬で現実に帰る。

あ。息子だ。

さっきまでじつは
幼少期のちいこいちいこい息子の夢を見ていたので
そのデカさに、あらためて成長の早さを知るのだった。

いつの間に。こんなになったんだろう。
ふとした時にいつも驚かされる。

あのジーンズの丈がもうこんなん?
園児服がブッカブカだったのに?
こんなにご飯大盛り食べるの?

うれしいのにうれしいのに・・・さみしい。(>エ<)(TエT)

++++++++++++++

無意味に、ジタバタする母なのでした。

[PR]
by soronoki | 2010-03-10 08:11 | * つぶやき

長野県佐久市


by soronoki