無邪気

「無邪気」とは褒め言葉だと信じていた。

7年前、男友達に
「大人に対してのそれは褒めることなんかじゃないよ」っと言われ愕然とする。

「邪気」が無い。要するに「悪気」「悪意」がない。ということ。
小さな子供と一緒だよ。っと言われる。

おでこ周辺には、チビまる子並みに縦線が走り
衝撃でアゴが下に落ちそうだった。 Σ( ̄Д ̄lll)



+++++++++

「悪意」があって何かをするのは恐ろしい。
「悪」と分かっていての行動なら、ときに犯罪にもなる。

でも、その逆で「悪意」や「悪気」がなく(と気付かず)
行動しているとすれば、それはもっと罪じゃないかと思っている。
「悪い」という意識そのものが無いんだから。

自分の知らないところで人を傷つけるのだ。
そんな恐いことはない。

自分の言葉が独り歩きをして、刃物にならないように
気をつけよう、っと思った。

自分の行動が浅はかでないか
相手の気持ちを「無」にしてないか

出来るだけ冷静に。出来るだけ自分を客観視して
生きていかなきゃ、な、っと思った。

永遠の課題。

[PR]
by soronoki | 2010-04-16 10:03 | * とあるお話

長野県佐久市


by soronoki