いろいろな日々 わんこ1

金曜土曜の小さな旅から戻り、しばらくすると
れっくんが片足をかばう様に歩き始めた。

人間が旅に行って
わんこたちが置いて行かれた、という寂しさで
また甘えん坊が出たのだな、と思っていたが

月曜は1日中、足を上げている・・・。
とても嫌な予感がした。

夕方、家族で獣医さんへ。
レントゲンを撮った。

出来上がった写真を持ってきた先生は
難しい顔。

その数秒の間が、強い不安をあおる。

―――――――――

7年前、れっくんは交通事故に遭っている。
同じ日に2度も車に轢かれたが
全くの無傷で
その時の獣医さんには「筋肉のおかげか不死身でしたね」と
言われたことがあった。

よく考えるとそのときレントゲンを撮っていない。

―――――――――――――――――

数秒後。震える気持ちを抑えて
先生の話に耳を向ける。

レントゲンを指さしながら説明が始まる。

長い期間、脱臼でズレたままでいたことによる偽関節の形成で
受けの骨の部分が盛り上がり変形したようになっていた。

ズレを何とかかばおうと骨の方が変化したのだという。

「外科的な処置は出来ない」状態ということで
痛み止めとサプリメントで行くことに。

――――――――

これからはずっと3本足歩行になる。

食欲も元気もあるし、そういううちは今まで通り
休憩を入れながら、お散歩に行こう。

ただ、少しでも当たると痛みで声を上げるので
若くて元気なソロと一緒には行かれないけど
それは我慢!

内科的病気じゃなかったことだけで
良かった、と思うことにしよう。
[PR]
by soronoki | 2012-06-20 10:54 | * つぶやき

長野県佐久市


by soronoki