いろいろな日々 わんこ2

ソロは感情がほとんど無い。
お腹がすくと訴えることはする。

売られた喧嘩を買わないのも
何が起きているか分からないからだ。

しつけで頭にゴチン!とやっても
何が起きたのか分からずに空を見上げる。
上から何か降ってきたように感じるみたいだ。

だからどうして怒られているのかさえ分からない。
何も伝わらない。

――――――――――

2か月が過ぎて
お散歩に行くことを催促するようになった。

ジャンプしてアピールするようにもなった。

でも散歩中でさえ尻尾は上がらない。

犬は尻尾で感情を表すというのに
いつも「?」な感じ。

そして川の流れる音がすると
パニックを起こす。

何か怖い過去を思い出してしまうかのように。

――――――――――――――――――――

3か月が経とうとしている今
とうとう、ソロが尻尾を大きく大きく振った!

息子が朝、学校に行く前に「おはよう」をしに行った時のこと。
「すごい!尻尾、大振りだよ!」っと息子も喜ぶ。

夫や私にはまだそんな風にはしてくれないが
この小さな変化は大きな進歩だ。

毎日、毎日、飽きもせず
ソロにいろんなことを話しかけた息子に
心を開いたのかもしれない。

――――――――

いつか川遊びができるまでになれるかな。

――――――――――――――――

毎日が平凡でも、積み重なって奇跡は起こるんだな、と思う。

人間もわんこも

山があって谷があって
冬が来て、春が来る。
おてんと様は、登って沈む。沈んで登る。

今日咲いた花は明日、違う表情。
今、鳴いているセミは明日、生きているとは限らない。

1日、1日が、どれだけ大切か噛みしめた。
[PR]
by soronoki | 2012-06-20 11:17 | * つぶやき

長野県佐久市


by soronoki