ごちゃまぜでイイと思うなー。

学校行事の中に「親子レク」言うものがある。
今回、ドッチボールの変形型「ドッチビー」を開催した。
(ボールでなくフリスビーでやる)

「男女別」になっていた。
さらに先生からの意見で
「能力別」的なチーム分けをするような運びになっていた。



理由は「体力に、運動能力に差があるから」

だから先生が前もってチームを決めておく話だったが
そこは私のような反対派の意見の母ちゃんもいて
辞めになった。

くじ引きでいいじゃん!くじ引くの大人だって楽しいじゃん!
「どのチームになった?」「お!俺と同じチーム!」と
ワイワイするのだって、子供たちは楽しいのだ!

初めから決められたものを発表されてたら
授業とおんなじ。淡々としてつまんない。

「男女別」に関しては強く押さずに流れてしまった。

結果、終わってみて、楽しかったけど物足りないような感。

息子も「女子と混ぜ混ぜでやりたかった!」と。

同じ時間を親子共有して過ごすコミュニケーションの一環だったけど
男子と女子で別コートで行われたので
まるで別の催しになった感じがあった。

「危ない」とか「男女のチカラに差がある」とか
そんなの関係なーーーーーーーーーーーい!

私が子供の頃は休み時間も体育の時も
ぜーーーーーーーーーんぶごちゃ混ぜだった!

それが楽しかった!盛り上がったもの。

――――――――

どーってことないように見えて
男女MIXには、ちゃんと意味がある。

強い者、弱い者MIXで行動することは
「守る」「助ける」「挽回する」「見習う」「目指す」
いろーーーーーーんな要素がある。

大人が、制約したりセーブしてしまうコトって
世の中、多すぎる。

子供は「枠の中」に収まらないイキモノなのだ!
それを無理無理はめ込み過ぎると
自由に羽ばたけない。

大人は子供たちの羽根をどんどん小さくしている。
大きく高く、遠く遠くに
飛んでいけるように導かなイカンと日々想う。 
[PR]
by soronoki | 2012-11-12 08:33 | * つぶやき

長野県佐久市


by soronoki