ボーダーライン

サッカーの試合でオウンゴールをしてしまった子に
「ドンマイ」が言えない子。

「お前のせいで負けたんだ」と言ってしまった時
言った本人も本当は悲しい気持ちになるはずだ。
言った自分が嫌になるはず。

子供のうちは大人のちょっとしたフォローで
心持ちは、どんだけでも変われると思うから
見て見ぬふりしないで寄り添って欲しいと思う。

ーーーーーーーー

完璧主義の人も自分自身が完璧な訳じゃない。

ミスをするかもしれないし
自分も誰かを傷つけていたのかもしれないし
自分の言い方が要因になっていたのかもしれない。

「かもしれない」という想像。
それに知らないフリをして(または気づかないで)
自分自身だけ高い棚にあげて
相手だけを責める。落ち度を追求する。

ボーダーラインを越すような言葉を
言ってしまう人は、自論=正論だからややこしい。

「何が正しい」か、は、自分の基準。
答えがないだけに人に無理強いするのは違う。

自分が目指したいことや理想は
自分がそう思っていればいいのだと思う。
言葉にした瞬間、ラインを踏み越えている。

スポーツでも、子育てでも、経営でも、障害のことでも
何にだって言えることだと思うのだけど。

相手がボーダーラインを飛び越えてきたら
怒りをぶつけず、そして悲しまずに
一歩引いて気持ちの向きを変えて
別の方向へ一歩歩き出せばいいんじゃないかと思う。






[PR]
by soronoki | 2015-11-07 19:06 | * つぶやき

長野県佐久市


by soronoki