カテゴリ:* つぶやき( 134 )

目指せ!アル中!

と言ってもですね、アルコールではないのです。(笑)

私の尊敬するしげちゃんが元気だった頃
しげちゃんはご飯を食べる毎に
すぐさま、ウォーキングをしていました。

とにかく歩かなくては生きられないくらい。(笑)

私は不思議でたまらなかったけど
今年の1月からウォーキングを始めてみて
なんとなくわかってきたんです。

歩く楽しさと、歩くことが癖になってくる快感。

いつもしげちゃんは
「アル中!アル中!」と言われて
自分でもそう認めていました。

1日のうちで1回でも歩かないと
なんか気持ち悪い、なんか落ち着かない。
くるしーーーーーーー!(>エ<;)ってくらい

歩く中毒=アル中  なのです。

私はむすっこと山登りをするためもあって
毎日、ウォーキング!半年が過ぎました♫
[PR]
by soronoki | 2014-07-18 21:44 | * つぶやき

歩いてこそ。

一瞬で通り過ぎると、気づけないことがたくさんある。
それは自分が思っている以上に山ほどある。

→◆続きます。
[PR]
by soronoki | 2014-06-27 21:02 | * つぶやき
f0188324_0321252.jpg

自然が美しくてたまらないこと。
[PR]
by soronoki | 2014-06-20 00:34 | * つぶやき

しあわせのハーブティー

悪友から(笑)
思いがけずハーブティをもらいました。

これは大げさでもゴマすりでも(笑)
お小遣い欲しさでもなく(笑)
「今まで飲んだハーブティーでいちばん美味しい」と
感じました。

薬剤仕事は
ドクターが指示した書類に基づいて
1グラムのミスも無いよう調合するけれど

この茶葉は
私の体調を考え、私の味の好みを探り
そして彼女の「想いのエッセンス」が入っている。

ハーブティポットがないから
急須で飲もうと思ったけれど
f0188324_23555856.jpg

せっかくだから動く葉っぱを見られるよう
空き瓶に茶葉をいれお湯をそそぎ
蓋をして蒸らしてから茶こしで漉して。
f0188324_23561222.jpg

いろいろな形状の葉っぱや花が開き始める、泳ぎ始める。

-------

彼女は、悪友だけど(≧∇≦)
とても尊敬する人のひとり。

勉強家で努力家で、歩み方は「プロ」。

決して趣味の世界にとどまろうとしてる訳でも
いい加減な考えで活動してる訳でもないのを
彼女の本質を見てきた人は
わかっています。

心無いことを言う人は
どんどん切り捨てて
ずんずん歩いて行って欲しい。
[PR]
by soronoki | 2014-06-19 23:58 | * つぶやき

時(トキ)ぐすり

意味:月日の経過が薬代わりとなること。

「ひにち薬」または「日薬」とも言うそうです。

→◆ 続く・・・・・
[PR]
by soronoki | 2014-05-22 22:07 | * つぶやき

二兎追うコト

両天秤、もしくは両手に抱えきれない想いを
持つことはアリ!だと思う。(恋愛は別として(笑))

続きます!→■
[PR]
by soronoki | 2014-05-22 08:28 | * つぶやき

せつない遠足

f0188324_831487.jpg

楽しい1日になるはずの遠足。
でも、むすっこは帰るやいなや沈んだ表情。

遠足の帰り道、川の中に打たれた鹿が
そのまま捨てられているのを見ながら
子供たちは通り過ぎた、という。

そのあと、道に鳥のひなが落ちていたらしい。
弱っていたけどかすかに動いていたそうだ。

それを「見て見ぬふり」したことを話しながら
小さく涙ぐんでいた。

学校に着いてから
たとえ遠足の流れに反してでも
助けてあげれば良かった、と悔いたようだ。

時間厳守の学校生活の中で
それに逆らえないで、巻かれてしまう日常。

せわしい世の中だと思う。
鳥のヒナ1匹すら助けて上げられない現実。

この素通りが・・・この時代の「無関心」の象徴だと思う。

どれだけ教師や親が「命を大切にしなさい」
「物事や人に関心を持ちなさい」「見て見ぬ振りはダメ」
と言ったところで
もはや説得力は、無いに等しいんじゃないか、と。

-----

私は佐久に越してきた当初
国道141号のど真ん中を
ひたすら歩くお婆さんに出会ったことがあります。
(のちに認知症と分かりました)

どの車もお婆さんを避けて通り過ぎるだけ・・・。
もう、悲しすぎるその光景は今でも忘れていません。

お婆さんを捕まえて
近くの空き地で話していると
隣の車屋さんが出てきて言ったのです。

「そのばあさん、しょっちゅう車道を歩いてるよ、いつものことだ。」
え?それが日常だから助けもしない?声すらかけない?

その無関心さに鳥肌が立った。

都会だろうと田舎だろうと、きっと同じ。
身内や友達・知人以外には関心がないことが
増えてきていて・・・増えすぎて・・・

「命」さえも見過ごしてしまう
むなしくて、せつない時代だと感じている。
[PR]
by soronoki | 2014-05-18 08:35 | * つぶやき

求められてこそ

「世話好き」という言葉は良いイメージだけど

親切とお節介の境界線はとっても曖昧で
受け取る側の印象に関わってくる。

「ありがたい」と思えば「アドバイス」
「不快」に感じたら、それは「指図」となる。

そこを気にもしないで
人と接していると
人間関係がギクシャクすることにも
残念ながら発展してしまう。

---

私自身も以前、求めてもいないのに
家族のことを「警告」されたことがある。

悩んでもいなくて
相談さえしてなくて
なのに不安要素を与える警告。

しかも現実味のない、宗教色の。

一気に暗い風が舞い込んだ。
動じないつもりでも
子供のことを言われると
やっぱり母親なので、一時的に影響を受けた。

-------

生活でも活動の中でも
相手に対してアレコレするのは
全て「求められてこそ」だと思う。

ましてや「こんなにしてあげている」感が
心のどこかに少しでもあるとしたら
それは間違いなく「押し売り」だ。

私は自分にとって大切な人にしか
行動出来ない人間なので
誰かれ構わず何かしてあげたいと
動く人はすごいと思う。

でもそういう人は
無償の気持ち100%が伴っていないと
いつかバランスが崩れて
互いの関係が破綻する。

何かひとつの行動に出た時に
相手の心を読んで

静かに進んだり
少し引いたり、を全く考えずに
行け行け、押せ押せ、ばかりじゃ

きっと相手が疲れてしまって
せっかくの気持ちが
「お節介」に受け止められてしまうだけだ。

-----

そして。
私は個人的に「損得勘定」を前提にした「繋がり」とやらには
全く興味がありません。

「あの人と繋がっていれば何かとイイよ!紹介するよ!」
「あの人のチカラを借りて、大きな活動にできるよ!」
みたいなお誘いはとても苦手な分野です・・・。
私にとってそれは「お節介」に過ぎません。

自分の目で見て、感じて
自然にゆっくりと繋がっていきたい。

出会いは誰かに用意してもらうのでなく
自分自身で、ご縁で、出逢いたい。

今この時代には反しているのかもしれなくとも。
[PR]
by soronoki | 2014-04-21 20:54 | * つぶやき

誰でもいいわけじゃない

だから、失敗を繰り返しながら
生き方や歩き方や人を選んできたんだと思う。

だから、今、隣りにいる夫が
このおじさんなんだと思う。

-----

突拍子もない考え方を持つ
自分とは全く正反対の場所に居る人に
費やす時間こそ勿体無くて無駄で無意味で

ましてや心や生活を乱されるのならば
「自分には不要」と割り切ることも
ときには必要なんだと思う。


誰からも好かれなくたっていいんだ。
浅い関係の数をこなすより

心の中の大事な想いが似てたり近かったり

本当に休まる場所をくれる友がたった数人居れば
しあわせな人生だと思っている。

f0188324_19451695.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・thanks dear bad(笑) friends!!!


同郷とか同年とか、そんなの全く関係なくって
育った環境も境遇も全然違ってたって
大事な部分が近い人は
きっと誰にも居るんです。(´▽`)
[PR]
by soronoki | 2014-04-15 19:48 | * つぶやき

札幌雪まつり?

も、びっくりの?

f0188324_8212840.jpg


芸術作品♫

ガマのおっちゃんが1回目の大雪の時
作ったとさ♫

いくつになっても
いつも
遊びゴコロを持ち続けていたいネ!
[PR]
by soronoki | 2014-03-17 08:24 | * つぶやき

長野県佐久市


by soronoki