<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋の気配

残暑が厳しいのかと思いきや
すっかり秋の気配満載な信州ですね。

空に浮かぶ雲は、秋独特の羽根のような美しさ。

夏のあっさりモノや油っこいモノ、祭り系食べ物で
バテにバテた体の内側から「勘弁してよー、いいもん入れてくれよー」と
言わんばかりにじんましんが出ました。

現在、毒素排出作業中。

+++

我が家のワンコたちも「お。なんだか涼しいでねえの!」と
気持ち良さそうに朝寝・昼寝・夜寝。寝てばっかし!

ワンコは暑いのが苦手ですからね。
と言っても信州の冬の寒さも半端じゃないので真冬はキビシイ。
今年もあっという間にやってくるので覚悟してネ!

++++++++++++

畑の夏野菜もおしまいになってきました。
さつまいもが育つのを、今か今かと期待しています。

だいたいの人は「紅あずまや」「金時」を植えていますが
うちは「白いも」のみ。

収穫したら蒸かして干して、あの昔ながらの干しイモおやつを作る予定。
甘みも増してきっと美味しい予定。笑

さて。庭のおばけヒマワリたち。どうしたものか。
引っこ抜くも、ものすごい量になりそうで・・・今日も見て見ぬフリ。

[PR]
by soronoki | 2009-08-24 10:32 | * 季節の便り

夏の終わり

と言っても気持ち的に。

息子の熱で始まったお盆休み。
同時にプチギックリ腰になってしまった私。

予定していたお祭りも2つは諦め、家で過ごす。

近所では恒例の迎え火でお盆が始まり、送り火で終わる。
この「火を炊く」という習わしは、この辺りでは当たり前の光景。

玄関先で家族総出で行っている。
(都会ではなかなかできないことですよね)

佐久の夕方はこの迎え火送り火で燃やす麦わらの煙で
モクモクしている。夏のにおい。

いつも静かな老夫婦のお宅も他県ナンバーの車が停まり
息子・娘・孫・ひ孫たちの声でにぎやか。

普段使っていない2階にも明かりが灯り
じいちゃんばあちゃんはご馳走作り・おもてなしに忙しい。


休み明けの今朝、近所のじいちゃんばあちゃんが
「忙しかっただに。孫の相手は疲れる。」などと愚痴りながらも
嬉しそうに見えるのは私だけではないだろうなあ~。

それぞれ元の場所に帰っていった今朝はとても涼しく
いや、少し肌寒いくらいで
それが、宴の後の静けさと寂しさに拍車をかけている気がする。

納戸のお米や畑の夏野菜もゴッソリ減っていった、だろう。笑


ポツン。としたこの地に飛び交う赤とんぼが、みょうに「秋」を誘う。

今年はみんみんゼミの声が物足りなかったなあ。
入道雲が少なかったなあ。

++++++

まだまだ暑い日もあると思う。
けど心は「夏の終わり」

大きな花火大会の音も、祭りの太鼓の振動も遠ざかって
今年もあっという間に秋が来るだろう。

++++++++++++++

習わしやしきたり、大家族に縁のない私たち移住者には
ちょっとうらやましい田舎のお盆なのでした。

[PR]
by soronoki | 2009-08-17 10:51 | * 季節の便り

地震

今まで体験した地震の中で
いちばん大きく長く揺れました。

震度4といえ「あああ、ついに来たのかな」と不安もよぎる長さ・・・。
横揺れがとくに怖かった・・・。

友人を含め、ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。
全く被害はありません。

台風も豪雨も伴うこの時期。
みなさまもいざという時のシュミレーションを。

逃れる場所、避難具、家族が離れている時の集合場所
備えておけば少しは心強いものです。

[PR]
by soronoki | 2009-08-11 08:20 | * new
先日、親子でお料理教室に行きました。単発1回のみの教室です。

息子は朝から張り切っていて、家の中でもエプロン姿。笑

教室では小さな子供さんから小学生までの親子が
調理台で格闘?しました。^―^

包丁をはじめて使わせたり
サラダの盛り付けを頼んだり
子供たちは案外なんでもやってくれます。

さて。さて。
教室で習ったあっさりしたきゅうりのレシピを。

具材は きゅうり・黄色ピーマン・ししとう・セロリでしたが

うちでは畑の材料を使いたかったので
きゅうり・緑ピーマン・なす・セロリで作りました。
(彩りは悪いですね。)(^―^;)

それぞれの野菜の量は適当でいいと思います。
きゅうり多め、ししとう少なめがいいかも?

それらを鍋に入れて、お砂糖・お酒・お醤油だけで
煮汁がなくなるまで煮詰めるだけ。

セロリのさわやかさが利いて、あっさりしているので
バクバク食べられました。

お弁当などに使うなら彩りを考えて
赤ピーマン・黄色ピーマンがいいですね!!

大人だけで食べる場合はトウガラシを、とレシピには
ありました。

うちでは最後にかつおぶしを振りました。

夏野菜の代表、きゅうり。
サラダやお漬物に飽きてしまったら、ぜひ!おすすめです。

[PR]
by soronoki | 2009-08-10 21:28 | * おすすめレシピ
2日目の開店日。
ワクワクの予感的中で茨城から友人が彼とやってきてくれた。

何週間か前に「ひとりで運転して佐久に行くよ」なんて言ってたので
内心だいじょうぶかなーっと。

日帰りだし往復だし・・・埼玉や軽井沢辺りで渋滞するし・・・
なんせ方向音痴だし・・・(爆)028.gif

だから彼が一緒に来てくれて。
よかった!よかった!
ありがとう!彼!キミは役に立つ機関車だ!(機関車トーマスより)(^―^)

------------------

そして。次の日。
うちの近くの畑でハクビシン(タヌキみたいな動物です)たちが
モロコシを奪っていったそう。・・・。

うちのもつい先日カラスかトンビにやられてしまったのですが
今度はハクちゃんにやられてしまうかも!?

せめて1本だけ残しておいてね!少し遠慮がちにネ!015.gif

[PR]
by soronoki | 2009-08-09 20:57 | * とあるお話

9月のお知らせ

4・5・7日になります。

4日(金)10:00~15:30
5日(土)10:00~12:00 
7日(月)10:00~12:00 となっています。

[PR]
by soronoki | 2009-08-09 20:25 | * 次回の開店日

バケツ雨

天気予報は「晴れマーク」が付いていても
当日になると「雨マーク」に変わっている、というここ数日。

今日も夕方からの雨予報が
2時を過ぎたあたりにバケツひっくり返しの雨。

あっちでもこっちでも、一気に水溜りのオンパレードに。
穴グマが出そう・・・(でこぼこフレンズ)

先日「信州もついに夏!」と書いたそばから
また梅雨みたいな日々。

野菜は病気になったり、鳥に食べれてしまったり、の
踏んだり蹴ったり・・・。

「食物(しょくもつ)」を生業としている方はどれだけのご苦労か、としみじみします。

信州は雹(ひょう)も多く降ります。
よく雹害で安売りしている果物などを見かけることもあります。

ましてや売り物にもならず、廃棄になってしまった、というニュースを
見ることもあって・・・。

天災は行き場のない思いが残りますね・・・。

--------------

地産地消。とても大切なコトだと思います。
カラダにもココロにも。

常日頃から心がけて買い物をするのは主婦のお役目!
家族のことだけでなく
地域のコトを一緒に考えることも必要な時代です。

[PR]
by soronoki | 2009-08-07 15:06 | * new

雨予報なので

「夜そろ」は今回はありません。
ご了承ください。

ドライのアジサイとベイリーフ、残りわずかになっています
終了しました。^―^

[PR]
by soronoki | 2009-08-07 13:47 | * new

いよいよ

今月も明日あさってとなりました。

今月はお天気があやしいので(台風も近づく?)
「夜そろ」はお天気予報と相談中。
あるとすれば2日目になる可能性が高いです。

涼しい信州といえど昼間の作業は汗だく。
いや、重い家具を移動していると夜でも汗が出ます。

湿気が少なめなので救われますが
日差しの痛さは半端じゃないですね。

今月は意外なお客様が来る様な気がしています。
わくわく。

10:30開始のウッドチェアーは大放出。(パチンコ屋の広告みたい)
その時間になるまでデッキにてディスプレイしてあります。
時間開始に値札を貼り付けます。

とっても味わい深いモノから新しめのモノまでいろいろ。
めちゃめちゃ古いものは使う人の立場になって
出来る限りお掃除してあります。

お見逃しなく。

[PR]
by soronoki | 2009-08-05 14:19 | * 次回の開店日

東信州のお墓参り

信州でもどの辺りまでなのか、わかりませんが東中心に
8月1日は「戌の満水」と呼ばれ、地元の人たちはお墓参りに行かれます。

大昔、この辺りで千曲川が氾濫し、多数の死者が出てから
その洪水があった8月1日がお墓参りの日になったそう。

お盆はお盆、お彼岸はお彼岸でまた行われるのです。

この日は会社も学校もお休みになります。
今年は土曜日だったので「特別な休日感」がなく
なんとなく過ぎていきました。

------

その日は朝も早くからたくさんの人々が
供花を持って歩く姿を見かけました。

どのお墓も家族総出、といった感じで
お年寄りから小さな子供たちもみんなで掃除をしたり
くつろいだりしている光景がありました。

私は愛知から来たのでもちろんお墓がありません。
なのでちょっと羨ましかったです。

----------------------------

夜は地元のお祭り。
どしゃぶり雨が一気にあがって「開催しますよ!」の合図の花火!

かと思えばまたどしゃぶり・・・。

でも、お祭りが始まる頃には見事に雨もあがり
2本の虹がクッキリと青空に弧を描いていました。

まぶしいほどの夕日が田畑を照らし
なんとも美しい景色でした。

-----------

夏は「お祭り」オンパレードです。
今月もいろいろ目白押し!!!

夏のにおいと音を感じに、野を超え山超え、どこまでも行きますよ~!笑

[PR]
by soronoki | 2009-08-03 22:55 | * とあるお話

長野県佐久市


by soronoki