<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ここ数日はホント暖かいですね。

+++

昨日の3度目の正直、記録を更新しました。笑

夕方、保育園のお迎え後に
寒くなってきたし夕暮れで暗くなってきたし、で
迷いましたが、頂いた野沢菜を息子と湧き水まで洗いに。

なんと!私の車が到着する寸前、軽トラが前を横切りました。

ハイ。お察しの通り、あのおばさま。いや~ん。
赤い糸どころの騒ぎじゃない!笑

また野沢菜洗いをご一緒させてもらいました。^―^

+++

じつはこのおばさま、偶然にも!
私が移住してきてお付き合いさせて頂いている
お友達のご親戚にあたる方だったんですが

そのお友達。私のいた愛知の町に大学時代住んでいたことがあり
それだけでもビックラコイタのに

当時、うちの夫と同じバイト先にいたんです。
そのふたりは1年のニアミス?で実際は一緒に働いていないんですが

ふたりはとても近所に住んでいたわけです。

もし、同じ時期に働いていたら
もしかしたら今頃、夫は私の夫じゃなかったかも?笑

+++

「縁」とは不思議です。

ここへ住むことが決まっていたのかのよう。

移住前は「佐久」「佐久穂」も知らなかった私たち。
引越しを決めて父に移住先を話したら

「お前のじいちゃんち、佐久(佐久穂かも?)の腕利きの大工さんを
呼んで建てたんだぞ」と。

ひょええええ!(@エ@ノ)ノ
長野県内ならまだしも。うちのじいちゃんち、福島県です。

なぜ佐久から呼んだんだろう。
なんでその職人さんを知ったんだろう。

+++

愛知に住んでいた頃、なぜか父が数枚のタオルをくれました。

「このタオルは片方に穴があいていて、もう一方のタオルの端を
その穴へ入れると首にかけていても落ちにくい、優れものだ。」と。笑

そのアイディアだけが頭の中に入っただけで
タオル自体をマジマジと見ていなかったのです。

ローマ字で書かれた文字もよく見ていなかった・・・。

愛知に佐久の不動産屋さんから連絡が来て
臼田に住むことが決定したその日。

洗濯物のその父がくれたタオルを畳んでいると。

うおおおおおおおおおおおおおおおおう!
ひとり叫ぶ私。

そこには

「星のまち usuda」と書いてありました。

[PR]
by soronoki | 2009-11-28 11:18 | * とあるお話

3度目の正直と良い便り

今日はポカポカお天気でしたね。
冬を覚悟していただけに天からのウレシイご褒美。

+++

年に1度(365分の1)、近くの湧き水に野菜を洗いに出かけます。
 
今日は野沢菜を。
空いている時間を狙ってお昼時間に。

おととし、私はその湧き水の野菜洗い場で大根を洗っていました。
そこへ60代のおばさま。

名古屋から移住した話をすると「これ持っていきな」と
さつまいもを頂きました。

去年。野沢菜を洗いにまたその場所へ。
すると!またそのおばさまが!
またお話しました。

そして。今年。今日。
なんと!!!!!!!!!!
また会ってしまいました。

私は年に1日、しかも午前の日もあれば夕方の時も。
おばさまは年に、ほんの数回しか来ないそう。

それなのに。3年連続でバッタリ。
うーん。赤い糸!笑

そして明日、おばさまの畑にお呼ばれすることになりました。

うれしいー!こういうおばさまとの出会いを私は待ち続けていたんです。笑
いろんなレシピや土地の料理を教わりたいなあ。

+++

そして、家に戻って野沢菜を漬け終わると
友人からメール。

彼女は移住する田舎を探し続けていて
なかなか決まらなくて煮詰まっていた様子。

それが今週末、佐久穂の物件を見にやってくるそう。
いや、まだ決定ではないですけど、ね。

わくわく、ドキドキ感が伝わってきて
数年前の自分を想いだし、しみじみしました。
良い物件だといいなあ。

++++

いつもは寒くてツライわんこの散歩も
気持ちいい程のお天気と気持ちの高ぶりで
スキップしそうな軽やかさ。

トンビもカラスも今日の暖かさに「春じゃねえべ?」
っと言わんばかりに何度も鳴き、優雅に飛び回り・・・

広い広い空を仰いで
「ああああ。いいところだなー」っと実感する私でした。

[PR]
by soronoki | 2009-11-26 15:21 | * とあるお話

今年も

あちらこちらで野沢菜をつけているお宅を目にします。

寒空の下、おばあちゃん、おじいちゃん、お母さんたちは
それぞれの家庭の味を仕込む。

私が長野に住んで驚いたのは
長野の人は常に野沢菜を食べるコト。(過去に書いたかな?)

お昼ごはん前のお茶休憩にも「野沢菜」
珈琲のお供にも「野沢菜」   (@エ@ノ)ノ ひょえ!

とにかくお邪魔したおうちで野沢菜が出ないコトはない!ほど。
野沢菜保管を主とする「漬物小屋」があるお宅まであります。

こんなに塩分摂ってカラダに大丈夫なの?なんて心配もいりません。

なんてったって!
長寿日本一な土地なのですから!^―^

++++

話はかわって。

佐久市には「ぴんころ地蔵」なるものがあります。
なんともかわいらしいお地蔵さんでまだ真新しい雰囲気。

各地から観光バスでたくさんの人がやってくるほどですが。

最初、その名前の由来をきいてぶっ飛びました。

なぜって?
「ピンピン生きてコロリと死ぬ」ですよ!

コロリと死ぬって!(>エ<;) ゴキブリじゃないんだからぁー!

寝たきりになったり、呆けてしまって何もわからないまま
ただ生きているのはイヤ、っというお年寄りの話も聞きますが・・・

そりゃそうだけど・・・

なんともビックリする由来で。笑

++++

さてさて。私もちゃんとした信州人になるために
今日は野沢菜漬けに入ります。^^

[PR]
by soronoki | 2009-11-26 09:33 | * 季節の便り
まどろっこしいタイトルですが

好きなお店だからこそ、そこにあるモノ(食べ物も)が好き。

そこの食べ物やモノが好きだからこそ、そのお店が好きなんだな
っと実感しますが、結局そのお店の心みたいな部分に触れると
全部まるまるっと好きになっています。

もちろん遠いと、なかなか行かれないけど
自分の心のリストにいつも入っていて
「行かれないかな?」っとチャンスをうかがっています。

++++

こちらに来て噂を聞いて行ってみたカフェや喫茶店があります。

とてもいい雰囲気だ、とか
落ち着く、とか
湧き水で珈琲をたてている、とか
海外で修行していた、とか
あの人がおすすめしてるから、とか

きっとステキに違いないなーと行ってみても

自分にとってのハズレもあります。

なんとかマイスターがいようと「美味しい」と思えない場所もあるし
すんごいおじいちゃんおばあちゃんが経営してても
その一杯の珈琲が、とてつもなく美味しかったり、いろいろ。

お味のみならず
お店の人の雰囲気、朗らかさ、やさしさ、こころづかいのあれこれに
触れると「ああ、いいな」「うん。ステキだ」と

ますます惚れこむコトも。

++++

主婦なので、しょっちゅうは通えないけれど
気持ちが沈んだとき

大好きなお店の大好きなおやつ、パン、雑貨を
見に行ったり食べたり、それだけで元気までをももらえることがあります。

長野に移り住んで、近くに見つけたそんなお店はまだ数件だけど
ヘソクリ貯めて「またガンバロー」っという気持ちにさせてくれます。

そういうお店は全部、働いている人も気持ちよくて
帰り道も清々しい。

あああ、また行きたいな♪また食べたい♪

[PR]
by soronoki | 2009-11-24 11:02 | * つぶやき

さ・・・さぶい。

みぞれが降りましたねえ。
佐久市の北の方では雪がちらついたそう。

今日はもう「冬」な感じです。

灯油ストーブを焚いて
「今がチャンス!」っとばかりに野菜たちをコトコト煮ています。

+++++++

インフルエンザも新型・季節型混ざり合って
まだまだ拡大していますね。

うちの息子のクラスでも現在7人が・・・。

手洗い・ウガイ・マスク着用を徹底的にやっていますが
親としてはそれだけじゃ心配ですよね。

でもあまりにも極端で過敏になっても
いけないなーっとも思います。


+++

息子はクリスマス会で、保育園生活初めての「ちゃんとした役」(笑)を
もらい日々張り切ってます。

「休むと歌えなくなる!踊りが覚えられない!」と。

そんな楽しみを「うつったら怖いから休みなさい!」っと
抑圧しすぎてもいけないし

今しか楽しめないあれこれを制限しすぎたり
「風邪」や「インフルエンザ」に対して異常なまでの恐怖感を与えても
よくないんじゃないか、と思います。

+++

まずは免疫力を高めることなど、できることから。

睡眠をたくさんとる。規則正しい生活を心がける。
適度な運動も絡め、カラダを温める。
根菜を中心とした冬野菜を食べる。
市販のジャンキーなお菓子を食べない。

すでに新豆も出回っています。
甘く煮たり、炒って塩味にしたり、ひたし豆にしたり、焼き菓子やパンに混ぜたり

それだけでも立派なおやつですもんね。

カラダが喜ぶ食べ物を意識して
冬を!風邪を!乗り切りましょう♪


あ!あと!1日1リンゴ!
(リンゴの町に住んでいるんだから!余計ね!)




[PR]
by soronoki | 2009-11-17 13:16 | * 季節の便り
「おめでとう」の意味なのに・・・(>エ<)

+++++++++

秋の長雨が上がったら
そこにはスンバラシイほどの景色が!

浅間山はモヤモヤだったけれど
蓼科山(通称おっぱい山)の見事なコト!と言ったら!

創られたかのような美しさ!に親子で感激する。
息子も「キレイな写真みたい」と彼なりの表現を。笑

信州に住んでから見た蓼科山ランキング第一位に値するほど!

もう、あんまりキレイ過ぎて
お母ちゃん、蓼科山をオカズにご飯おかわり三杯
いやおにぎり5個くらいイケそう(ー▽ー;)

そして。お母ちゃんは叫んだ。
なぜか「コングラッチュレ~ショ~ン♪」・・・なぜだ。

なんで「おめでとう」にしてしまったのか
自分でも分からない・・・。

でも!





それだけ興奮した自分がめでたいってコトで・・・良し!とします。(チガウカ~!)

[PR]
by soronoki | 2009-11-12 09:01 | * 季節の便り

まねっこ

人の真似なんて
「ナンセンス」とか「自分らしくない」とか「背伸びするだけ」「疲れる」と
切り捨ててしまうことなんて、ないと思ってます。

もともと「子供」は「親」のまねっこマン。

親を見てマネてみて、嫌悪感があればやめていくし
気持ちよければそのまま続いていく。

ときに子供の言動をみて「は!」っとさせられ
「あああ、私をマネてしまっている」と反省の念に囚われることもある。

そんな時は子供が先生で、自分が生徒。
気付いたその時から直していかなくては、と思う。

「人のフリみてわが身を直せ」は我が子からも学べる課題ですね。(^―^;)

+++++++++

家事でも趣味でも同じだと思う。
手作りでも、レシピでも、洋服でも

まねっこでいいんじゃないかな。

それが魅力的:興味深いと思えるのなら
まずはやってみて
続けられそうなら続けてみる。

億劫になったり気持ちよさがなければ
やめちゃう。

でも気持ちがよかったら考える間もなく
勝手に続いているモノですもんね。

そうしているうちに
自分がアレンジしてみたり
パワーアップ、ステップアップして

いつの間にか自分の動きが進化する。

模様替えだって、ソーイングの布使いだって
なんだって。

オールまねっこから始まっても

そのうち少し替え始めて
どんどん替え続けていくうちに

「ああ。自分ってこんなんが好きなんだな」って
変化、進化していく。時には大逆転も。

「自分らしさとは?」なんて変に追及しなくたって
「こだわりは?」とか「何系?」とか凝り固まらなくたって

そのとき、好きなもの気に入ったもの心地良いものを
可能な限り取り入れているだけで

好きな空間、好きな作品、好きなコーディネイトが生まれ

「好き」かどうか、が「気持ちいい」かどうかが
日々の暮らしをも楽しませてくれるんじゃないかと思います。

たとえば、和な家具に北欧なマットがあっても
和食器にイタリアンを盛っても全然おっけーですもんね。

自分の好きなように好きなだけ。

「自家製」や「伝統」もまねっこから全てが始まりますよね。

+++++++

お客さんが「模様替え」をした写真や
「家具にペイント」した写真を見せてくださることがあります。

それも日々、進化系!
白に飽きたらブルーにしちゃえばいい。

寝室の壁を真っ赤に塗ってみてもいい!(?)笑


仕事から帰っただんなさんを「あ!」っと驚かせてみたって
それも楽し!

だんなさんの書斎を失くしてアトリエに替えてしまうのも楽し!(?)

っと。夫婦喧嘩のないように、ほどほどのほどほどに・・・(>エ<)

[PR]
by soronoki | 2009-11-09 10:12 | * つぶやき

12月のお知らせ

2・3(水・木)10:00~15:30となっています。
[PR]
by soronoki | 2009-11-06 10:09 | * 次回の開店日

みっつのおんなじ。

息子の名前をつける時
候補の中にあったある名前。

一般的な名前ではなかったのだけど
呼んだ時の音の感じが好きで最後まで上位にあった。

++++++

あるとき、なにげなく見た悪友のブログに
その名前に関する日記があって
彼女も過去にその名前を付けようとしていたようだった。

あまり日本っぽくないその名前。
彼女はやっぱり「音」が好きだったのかな・・・?

+++++++++

そして。

父の家に子猫が生まれた。

なんと、子猫の名前がその名前。
父の命名だそう。

昭和のじいさんなのにハイカラだわ。笑

+++++++++++++++++++

そんなみっつの偶然。の。お話でした。

[PR]
by soronoki | 2009-11-06 09:54 | * とあるお話

めっきりめっきり

朝晩寒いです。ね。

急激に寒くなった日から少しは気温が上がったけれど
それでもやっぱりまだ、この寒さには慣れることがない・・・。

家の中で誰かが「寒いー!」と言う度
残りのメンバーは「寒いと思うから寒い!」と

互いに連携プレーを促しながら
「寒くない」「寒くない」と呪いのようにつぶやいています。

でもでも、寒い!(>エ<) 隙間風ウエルカムな築40年・・・。
これからまたあの、頭がキンキンに凍てつく夜がやってくるかと思うと

あたたかいどこかで冬眠したい気分。熊になりたーい!

++++++++++

さて。近頃の浅間山。
頭の辺りにうっすらと雪。

朝その姿を見た息子が
「やっぱり浅間山は白い方がイイ!」と。

たしかに!
まだまだ黒いけれど、白い衣装をまとうのも間近です。


長野の長い冬が、そろりそろりと押し寄せてくるぞー!
冬支度、しなくちゃ!!!

[PR]
by soronoki | 2009-11-06 09:39 | * 季節の便り

長野県佐久市


by soronoki