<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

季節は選べない

f0188324_8201442.jpg


この森でのおすすめの時期を
質問されるコトがあるけれど

どの季節をとっても
選ぶことなんて出来ないほど
それぞれがすばらしいのです。

その中で、項目的に選ぶとしたら。

「パワー」を受け取れる時期が今。
まさに今です。

新緑の美しさに何度もつぶやいてしまう。
「きれい・・・」と。

f0188324_8204237.jpg

6月の営業日
4・5日(月・火) 11:00~16:00

―――――――――

お弁当を持って
美笹湖でピクニックもおすすめです。

山を(野沢側に)下りて
141号すぐの洞源湖そばの貞祥寺でお散歩もイイですよ。
ほどよい木洩れ日が降り注ぎ、苔の深い美しさに安堵します。

(洞源湖のマレットゴルフ入口にお手洗いがあります。)
[PR]
by soronoki | 2012-05-30 06:01 | * つぶやき
FacebookやTwitterの招待メールを下さる方が(友人含む)
いらっしゃいます。
お誘いありがとうございます。

私はとてもアナログな人間でして
日々のブログや資料作りのパソコン作業や
携帯電話&携帯メールもじつはとても苦手な分野です。

全く持たない時期もありました。
なければない、でイケると思っていました。

でも子供の急な学校(当時は保育園)などからの連絡を考え
持って、は、います。

便利であることには違いないのです、が
便利さゆえのデメリットも感じます。

――――――――

とある頃。
メールの返事をしなかった(または遅れた)ことで
相手が悲しんだことがあります。
不快に受け取ったこともありました。

「私ならすぐ返事をするのに」と。

でもあなたはあなたで、私は私で。
あなたの日常は私には見えないし
私の日常もあなたにはわからない。

お互いの状況なんて
相手の忙しさなんて、わかる術もない。

結局、返事がすぐに来ないことを相手に嘆くコトは「催促」で
「催促」が出来るコトは「思いやりの無さ」だと感じました。

「出来るときは出来る」し「出来ない時は出来ない」
当たり前のことなんだけど
意志の疎通が取れないことも、現実あります。

―――――――――――

私は、出来るだけ
「会って」「目を見て」「声のトーンを聞いて」「空気を感じ」たい。

だから、画面上でやりとりするのが苦手です。

便利さは一目瞭然だし
FacebookやTwitterをやることで
会いたい人にも会えるかもしれない。

でもあえて。会いたい人には偶然、会いたいのです。
無理に繋がる必要も感じないし
繋がるためのアンテナを立てず
自然な「ご縁」を感じていきたいな、と。

―――――――

子供や家族と過ごすときも
出来るだけ画面とにらめっこしている自分を無くしたい。

街に出ると、そんな大人が多すぎて
ちょっと未来が不安になります。

――――――――――――――

そんなこんなで。すみません。
ひとりひとり、お返事しません。

こちらにて、お返事とさせて頂きますね。
ごめんなさい。
[PR]
by soronoki | 2012-05-30 05:45 | * つぶやき

思い起こせば

f0188324_1283626.jpg

看板犬「前2号」のクッキーも、ソロのようなナレソメでした。
(以前に日記に書いたのか記憶がないですが^^:)

愛知でのコト。

近所を散歩していると
激しく吠える小汚い犬が・・・。

そこを通ると「怒り」のように吠えるので
あまり通らなくなっていました。

ある日、いつも通りれっくんのお散歩をしていると
なぜか、その子がトボトボ。トボトボ。

ただひたすら通り抜けて行く。

そんな日が3日ほど続いたある日
そこの家の大屋さんに偶然出会う。

「この子。長い間飼われていて相当な老犬なの。
お散歩も連れていってあげなかったから
糞尿まみれで可哀相な子なのよ。
うちを貸していた家族が犬小屋ごと置いていってしまったの」と。

たしか子供が3・4人いた家庭。
そのうちの誰一人、この子を置いていくコトに反対しなかったのか・・・と
せつなかったことがあります。

当時、私は息子を出産したばかりで
彼を引き取るコトに迷いがありました。

でも夫が「じいさんだし、人生(犬生?)の最後くらい
しあわせに暮らさせたろう。と。

このまま、ほおっといたら(名古屋弁で見放す)
保健所行き・・・。

そして。やたらと我が家の周りで何度もすれ違うし。笑

連れて帰ってきました。

でもじいさん。「俺の方が長く生きとるんじゃー!」っと
先に住んでいるれっくんに戦闘態勢。

れっくんはれっくんで「俺様が先住者じゃ!」と
激しい戦いが、その後数年続くのでした。

それを思えば、ソロくんは一切弱腰。
上に乗られても、激しく吠えられても、牙を向かれても
おとなしい。

すぐに上下関係が決定し、今おだやかな2匹の暮らしです。

そんなこんなで
うちに来る子はなんらかの前兆があるみたい。赤い糸?笑

あ!
看板犬1号れっくんは
愛知県稲沢市のお寺で生まれたたしか5匹兄弟の1匹。
なんと「松本クラフトフェア」でもらわれていった
兄弟が長野のどこかで暮らしているのです。

いつか逢えるかな・・・。
[PR]
by soronoki | 2012-05-29 00:32 | * つぶやき

看板犬2号:ソロ

f0188324_219570.jpg
3月28日の朝
突然にやってきたソロくん。

れっくんがどんだけ吠えようが
うちから離れなかった雪の日。

チカラ尽きて、うちの敷地内で倒れこんだ。

――――――――

2010年の4月に、この家の鍵をもらってから1か月間
私たちは地道に借家からの荷物を運んでいた。

何往復・・・いや、何十往復。
下手したら2台で100くらい?

そのとき、友達に教えてもらった究極の裏山道(獣道のような)で
引っ越しをしていた。

ひとつの村を超えて次の集落に入る山の中に
屋根だけの小さな山小屋があり
そこに犬が繋がれていた。

ぶっさいくな犬だなー、と思っていたが
何往復もするので、かわいく思えてきた。笑

「こんな山の中にポツンとひとりぼっちで
かわいそうだね・・・
どうして飼い主さんは一緒におうちに繋いであげないんだろ?」
っと息子と話していて。

その子を「れっくん2」と呼び
通る時に何回か煮干しをあげていた。

引っ越しが終わってしばらくして
山小屋を通ると・・・・・

すでにその子の姿がなく・・・。

――――――――

2年後の今、その子がソロとなっていたのだ。
そう。知らぬ間に。笑

――――――

ある時、息子が突然、思い出す!
「ソロくんって!あの山小屋の犬だ!」

それを言われてもピン!と来なかった私は
それから数日後、庭で草むしりをしていたら
突然!記憶が甦ったのだ!

「あ!あの子!!!この子だ!」笑  

あのころは、実際に飼っていた訳でないので
なんとなくの記憶しかなく
2年も経ってすっかり忘れていたのだが
ふ。っと結びついた。

なんでまた、うちに。(>▽<)
煮干し気に入った?(>▽<)

――――――――――――

そんなエピソードがあったのでした。

f0188324_2192637.jpg
ソロは視力が弱い分、耳がとってもイイ。売られた喧嘩も買いません。「もう中学生」に似てるという噂。笑
[PR]
by soronoki | 2012-05-27 23:49 | * とあるお話

進行形

今回のオープンで
「小屋」自体を見て「旦那さんは大工さん?」なんて
言われたりした。

「小屋」をたっぷーり褒められて
そりゃあ嬉しいものです。

が!が!
お庭も見てええええ!がんばったの、見てえええ!


で。お庭を褒めてくれた方がああああああ!
ひとり。いらっしゃって・・・(>▽<)う。ウレシイ。

お買い物の後に
「お庭がステキなので眺めて行ってもいいですか?」って!

もうスキップしたい気持ちでしたよ。
「え?今なんて?なんて言いました?ス・ス・ステキ??」っと
しつこく聞きそうになるのをこらえたくらい。(>▽<)♪

丸っと2年かけて
ただのグダグダの斜面や凹みにメリハリをつけて
石積みをしたり丸太を削ったり杭を打ったり、階段を作った。

枕木の駐車場は本当に大変だった!(夫が)(>▽<)

―――――――――――

f0188324_20122531.jpg
      ↑ 大木になりかけのウドが居座る
f0188324_20134644.jpg
  デコボコな場所 この目印の木の部分で高低をつけることにして
f0188324_2013220.jpg
  駐車場との段差をつけた
f0188324_2014997.jpg
       平らにしたココを小屋(店)の場所に選んだ



庭はまだまだ進んでいく。変わっていく。
イメージはどんどん膨らむから、こつこつ。こつこつ。と。

きっと婆ちゃんになっても、終わらないんだろう。な・・・。
[PR]
by soronoki | 2012-05-25 23:58 | * つぶやき

小さな日々

つい2日前まで居なかった子が地面からピョコリ、っと現れる。
グーに結んでた手が開くように、どんどん葉っぱがみなぎっていく。

おてんとさんに照らされた新緑が気持ちイイ季節に
やっとやっとなりました。

21日の金環日食。
子供は学校に早く登校して
お友達や理科の先生と一緒に楽しんだ様子。

私はメガネも準備せず。
時間になったら、まさかのすこぶるお天気!
急に見たくなって
焦って焦っていろんなモノで試すも・・・見られず終い。

次回は家族で北海道で観よう。笑

――――――――――

今日は「充電の日」
パワー付けてまたガンバロー!っと!


f0188324_1144133.jpg
         わんこも日向ぼっこの毎日。
[PR]
by soronoki | 2012-05-23 11:04 | * つぶやき

6月の開店日

       4・5日(月・火) 11:00~16:00まで
f0188324_14203586.jpg
お待ちしています。
[PR]
by soronoki | 2012-05-15 22:18 | * 次回の開店日

リ・オープン事後報告

f0188324_1432528.jpg


1日目 急変する天気に振り回され
ハープ演奏も中止に。

それでもたくさんの方にお越し頂けて
とってもありがたかったです。

2日目 お天気に恵まれハープ演奏goサイン!^^

20名ほどのお客さんが丸太や木の椅子に
座って、のんびり。
f0188324_1415941.jpg

最初は看板犬レコくんが吠えまくり!
うるさくしてしまって、すみません。

そのあとは骨ッコで釣りました。笑

お客さんが1曲終わって拍手をすると
わんこも「ワオン!ワンワン!」・・・拍手のつもり?(>▽<)

―――――

今回も、そろの木不思議現象がありました。

学校ママ友が来たら学校ママ友が
教室仲間の方が来たら教室仲間の別の方が
幼いころのママ友が来たらこれまたその当時のママ友が来て

偶然バッタリや懐かしの再会があったのでした。^―^

――――――――――

今回のリ・オープンでは初登場の「ゆきいろ」さん。
5年越しの恋が実った、という感じです。
片思いでなく、初恋の人に逢えたような。そんな感覚。

彼女を知ったのは5年ほど前。
いつか逢えるいつか逢えると思いながら
本当に逢っちゃった!笑  

森の紡ぎ市が「縁結び」でした。

f0188324_1441140.jpg
  今回、ピンボケしてしまったのでカフェピクニックの写真から。

――――――――――――――――――

そしてもうひとり。
初登場の「++aks++」さん。
f0188324_1443393.jpg

彼女のお洋服を愛用しています。
ガンガン着てガシガシ洗ってます。^^

小向日葵のような方です。
彼女の作品を身に着けていると
あふれ出るパワーがもらえる!と思っています。(^―^)

―――――――

2日間が終了し
まともな息継ぎをした途端(笑)
「ありゃありゃ?トルソー、裸のまんま!」
「うおおお!二階の窓辺にダンボール丸出し!」
「ああああ!窓ふきしてなーい!」

などなど数々の不手際を発見。撃沈するのでした。(>エ<)
[PR]
by soronoki | 2012-05-15 20:25 | * new

放心状態

f0188324_1354941.jpg

今月の2日間、終了いたしました。
ありがとうございました。^^


月曜日の夕方からグッタリ。(>▽<)

チカラ尽きて、歳を感じました。笑

体調が整いましたら
お店の様子をupします。

2日間とも足を運んでくれた方もいらっしゃって
うれしいなー。

山奥まで本当にありがとうございました。
[PR]
by soronoki | 2012-05-09 13:03 | * つぶやき

1日目終了しました!

遊びに来てくださったみなさま
本当にありがとうございました。

風で大きなパラソルの支柱がポキリと
折れてしまうほどの突風や
横殴りの雨の時間もありました。

すっきり晴れ間もありました。


お足元の悪い中
お待たせしてしまったお客様
本当に申し訳ありません。

狭い店内を交代で見て下さった
お心遣い
本当にありがとうございました。

今日一日で
たくさんの商品に動きが
あったので今、新しい商品などの
追加入れ替えの最中です!
二日連続で来て下さる方も
飽きないように考えるのが
また楽しいのです。

だいたいの傾向ですが
午後からの方が
ゆっくり見られると思います。

明日は晴れ予報。
ハープの演奏を今度こそ!(ハープ演奏は晴れなら11時を予定しています)

※携帯から初めてblogを投稿しているので
見づらいかもしれません!すみません!
[PR]
by soronoki | 2012-05-06 23:02 | * new

長野県佐久市


by soronoki