<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

好きな花

花や木に関しては好みが、はっきりある。

だから「好き!」と思うとだいたい同じ「科」か「属」だ。

ものすごく好きな花・木でも
残念ながら標高1000に耐えられないものもあって
諦めた子たちも少なくない。

基本的には「手間のかからない」子が好き。(>▽<)!
いつまでもお付き合いできる「宿根草」が好き!(>▽<)!

f0188324_22353174.jpg

風鈴おだまきは恥ずかしがり屋さん。

f0188324_2236993.jpg

おりゃ!と強引に顔を。

f0188324_22364555.jpg

稚児ユリ(ちごゆり)。土が合うと結構、広がって行く。山野草。
白い花がまた可憐よ!意外に丈夫で枯れんよ!(>▽<)ゞ
[PR]
by soronoki | 2012-06-27 07:45 | * 季節の便り

順番に

春だ!っと一気に咲き出す子と
ゆっくりのんびり梅雨の雨を待って咲こうとしている子
それぞれ。いつも思うけど不思議。

「今年はギボウシ全然出てこないねー」なんて思ったのも束の間。
「これでもかー!」っとあちこちで出始めた。

虫やカエルの休憩所。

園芸種のギボウシはカラフルでいろんなのがあるけど
なんであんなにお高いんだろう?

うちはもっぱら山の原種ギボウシのみだけど
キミドリの美しさの代表選手だと思う。

今回、山のギボウシおひとつ100円で販売し
全額をチャリティ貯金に致します。

お庭におひとつ、ぜひ。おすすめです。^^

――――――――――――――――――
f0188324_14255552.jpg

銅葉が大好きな私は
クレマチスもモンタナのメイちゃん。

残念ながら花はもう終わってしまったけど
葉っぱだけでも絵になる憎いヤツです。^^

f0188324_1426465.jpg

臼田から一緒に引っ越してきたハギも
山の気候に合っていて
切りつめてもワッサワサ!

いちばん美しい時期が終わってしまい
開店時にお見せするコトが出来なかったのが残念・・・。

7月の開店時にいちばん華麗さを出せる子は
誰だろう。山あじさいかな。アナベルも咲くかな。
[PR]
by soronoki | 2012-06-26 22:24 | * 季節の便り

手仕事

f0188324_2329376.jpg
fluffy作品。こぎん刺し。(佐久市在住の作家さん)

そう「作品」です。
「商品」と言うのは合わない気がします。

綺麗で綺麗で・・・言葉を失うほどの手仕事です。
[PR]
by soronoki | 2012-06-20 23:30 | * new
ソロは感情がほとんど無い。
お腹がすくと訴えることはする。

売られた喧嘩を買わないのも
何が起きているか分からないからだ。

しつけで頭にゴチン!とやっても
何が起きたのか分からずに空を見上げる。
上から何か降ってきたように感じるみたいだ。

だからどうして怒られているのかさえ分からない。
何も伝わらない。

――――――――――

2か月が過ぎて
お散歩に行くことを催促するようになった。

ジャンプしてアピールするようにもなった。

でも散歩中でさえ尻尾は上がらない。

犬は尻尾で感情を表すというのに
いつも「?」な感じ。

そして川の流れる音がすると
パニックを起こす。

何か怖い過去を思い出してしまうかのように。

――――――――――――――――――――

3か月が経とうとしている今
とうとう、ソロが尻尾を大きく大きく振った!

息子が朝、学校に行く前に「おはよう」をしに行った時のこと。
「すごい!尻尾、大振りだよ!」っと息子も喜ぶ。

夫や私にはまだそんな風にはしてくれないが
この小さな変化は大きな進歩だ。

毎日、毎日、飽きもせず
ソロにいろんなことを話しかけた息子に
心を開いたのかもしれない。

――――――――

いつか川遊びができるまでになれるかな。

――――――――――――――――

毎日が平凡でも、積み重なって奇跡は起こるんだな、と思う。

人間もわんこも

山があって谷があって
冬が来て、春が来る。
おてんと様は、登って沈む。沈んで登る。

今日咲いた花は明日、違う表情。
今、鳴いているセミは明日、生きているとは限らない。

1日、1日が、どれだけ大切か噛みしめた。
[PR]
by soronoki | 2012-06-20 11:17 | * つぶやき
金曜土曜の小さな旅から戻り、しばらくすると
れっくんが片足をかばう様に歩き始めた。

人間が旅に行って
わんこたちが置いて行かれた、という寂しさで
また甘えん坊が出たのだな、と思っていたが

月曜は1日中、足を上げている・・・。
とても嫌な予感がした。

夕方、家族で獣医さんへ。
レントゲンを撮った。

出来上がった写真を持ってきた先生は
難しい顔。

その数秒の間が、強い不安をあおる。

―――――――――

7年前、れっくんは交通事故に遭っている。
同じ日に2度も車に轢かれたが
全くの無傷で
その時の獣医さんには「筋肉のおかげか不死身でしたね」と
言われたことがあった。

よく考えるとそのときレントゲンを撮っていない。

―――――――――――――――――

数秒後。震える気持ちを抑えて
先生の話に耳を向ける。

レントゲンを指さしながら説明が始まる。

長い期間、脱臼でズレたままでいたことによる偽関節の形成で
受けの骨の部分が盛り上がり変形したようになっていた。

ズレを何とかかばおうと骨の方が変化したのだという。

「外科的な処置は出来ない」状態ということで
痛み止めとサプリメントで行くことに。

――――――――

これからはずっと3本足歩行になる。

食欲も元気もあるし、そういううちは今まで通り
休憩を入れながら、お散歩に行こう。

ただ、少しでも当たると痛みで声を上げるので
若くて元気なソロと一緒には行かれないけど
それは我慢!

内科的病気じゃなかったことだけで
良かった、と思うことにしよう。
[PR]
by soronoki | 2012-06-20 10:54 | * つぶやき
f0188324_21444623.jpg
夫と息子で採ってきました。
すぐに血合いを取ってから揚げに。

ご近所におすそわけしても、たらふく食べられる量!
新鮮でおいしい。全然、泥臭くない!

f0188324_2145130.jpg

あとちょっとだ!がんばれー!

f0188324_21451218.jpg

だれだー!中に入ったのはー!食べた?の?
[PR]
by soronoki | 2012-06-14 21:46

雨続き

梅雨ですもん。雨です。
外が暗くて雨ばっかりだと気が滅入りそう。

先週は毎日、人に会っていたので
今週は家と店のあれこれをしよう!と。

なのに雨・・・。

梅雨を楽しむしかない!と気を取り直し
「今がチャンス!」の挿し木作業を。

買えば早い木々や花の苗だけどココは節約!
挿し木が成功した時は、喜びも大きい!

小雨の時間に裏の斜面を開墾!
杭を打つ音が山に響き渡る。

段々畑を作り
際(きわ)には挿し木・挿し木・挿し木!

50本くらい挿し木!(>▽<)
半分着けばもうけもの!

―――――――――

クレマチスさん。
なかなか開きません・・・。
街のあちこちではいっぱい咲いているというのに。

f0188324_20504685.jpg
            待ち遠しい・・・。
[PR]
by soronoki | 2012-06-12 20:54 | * 日々のコト

親孝行?

f0188324_20285744.jpg

親孝行は、出来るうちにしておけ!と言いますが
親孝行なのかどうか分からない旅に行きます。

なぜって、父持ちの旅だから。笑

毎回「これが最後の旅になるかも」と思いながら
出掛けていきます。

そう思い始めてから数年が過ぎました。

圧迫骨折をしてからの父は
ものすごく老人に見えます。

腰痛がひどくなるので、長い時間歩けません。

――――――――

数年前に
息子と父と3人で(なんでそんなメンバーだったんだろう・・・笑)
動物園に行きました。

私が父と動物園に行ったのは、なんと30代にしてこの時初めて。

そのとき父が「動物園って楽しいところだったんだねえ」とぽつり。

自営業が忙しかった父と旅にすら出たことはなかったので
不思議な時間が流れました。

――――――――――――――――

ある日、息子が意見を出しました。
「サファリパークならジイジ、歩かなくても見れるんじゃない?」

なるほど!と
度重なる入院生活があった一昨年に
「退院したらサファリパークに行こうね!」っと
息子はジイジを励ましていました。

それから随分と時間が経ってしまって
すっかり計画にも上がらなくなっていた約束。

父の方から「行かないのか?」っと孫へ催促。

そして、ポンポンポーン!と宿も決まりました。

身近な旅です。群馬です。1時間強。
群馬のこともいろいろ探してみて
あまり混まなくて、歩かなくて良さそうな場所とかを
見つけています。

おすすめの場所などがありましたら
こっそり教えてください、ね。笑
[PR]
by soronoki | 2012-06-11 20:30 | * つぶやき

次回7月は

      4・5日(水・木)11:00~16:00です。

f0188324_15132710.jpg
    お待ちしています。
[PR]
by soronoki | 2012-06-09 06:03 | * 次回の開店日

盃(さかずき)のススメ

f0188324_1441623.jpg

昭和に作られた盃って
とっても可愛らしいんです。

陶器のは、いびつなモノがあったり
ぶつぶつしてるのがあったり

ガラスモノだと気泡が入ってたり。

――――――

ワンプレートの中に「ちょこん」と置いて
お漬物やミニサラダ、煮豆、ひじきなんかを盛ると
すごくかわいくて
愛知の頃から集めた豆皿と盃のコレクションは
収納率でみると相当な数。

だが!我が家の男たちは
「カワイイとか、かんけーねえ!豆皿?食べた気がしねえ!
いちばん大事なのは量!なのじゃー!」っと
言うガッツリ系の人なので・・・トホホです。

「豆皿・盃・・・いつ使うのーぉおおおおおお!」
な、私です。(>▽<)

でも・・・
だんしゃりしても、これだけはまだ手放せない・・・。

―――――――――――――――

今回、お店にあるのは
気泡はないガラスですが形がすんごくカワイイのです。
スコーンやトーストを乗せたプレートに置いて
ジャムやソースを盛っても!

陶器のは、100均とかには絶対にない質感!
梅干し1個置いたって、様になるんだから!^^
花豆も映えるし、ふき味噌置いてもいいなー。
天ぷらの時の荒塩置きでも!(←それ普通!(>▽<))
[PR]
by soronoki | 2012-06-08 23:36

長野県佐久市


by soronoki